占いの王様
古今東西の占いを極めます。

稀少風水書のコピー品※易学,家相,九星気学,占い師,魔除け,神道
稀少風水書のコピー品※易学,家相,九星気学,占い師,魔除け,神道稀少風水書のコピー品※易学,家相,九星気学,占い師,魔除け,神道

日本風水の最高権威、

四天王寺秋野坊の

門外不出の奥義書を

宗家に無断で複写しました!



風水業界の大御所たちは、私の愚行を非難することでしょう。

この極秘情報の販売を、いつまで続けられるかわかりません。

また、私が販売を停止したら、あなたは、この情報を二度と手にすることができなくなるかもしれません。

早めに入手することをお薦めします。

即決オークションなので、今すぐ入手可能です。


【警告】


以下に、風水奥義の一部を公開します。

しかし、伝統的な風水思想を本気で学ぶつもりがないならば、今すぐ、このページを閉じてください。

奥義を入手する意思がないのに、中途半端な知識を得てしまうと、今後、あなたは、強迫観念に襲われる危険があります。

現代風水では「吉」だが、聖徳太子御伝来の風水では「凶」かもしれないという不安に襲われる可能性があるのです。


貴重な巻物の発見


この巻物『風水玄機録』をはじめて見た時、私の左脳は混乱状態に陥りました。

黄色味がかった古紙に、筆で文字が記され、直筆の署名と落款印も押されていました。

そして、巻末には、見慣れない単語が列挙されていました。

商品画像(1):巻末の画像


「なんだこれは!」

「四天王寺?」

「聖徳太子御伝来?」

「俺は、すごいものを発見してしまったのかもしれない・・・」

そう感じると同時に、心の奥では、「ちょっと、ウサン臭いな」という感情もありました。

しかし、題名の横に押された「東鶏」という印がキッカケで、この巻物の価値を私は理解することになったのです。

この巻物は、日本の風水史を揺るがす大発見と言っても、過言ではないかもしれません。

商品画像(2)巻頭付近の拡大図



聖徳太子御伝来の家相法とは?


「東鶏」とは、松浦東鶏のことだと、私は推測しています。

松浦東鶏は、寛政年間から文政年間にかけて、家相家として活躍していた人物で、江戸時代最大の家相流派「松浦流」の開祖とされる人物です。

彼が発行した家相書に、聖徳太子と東鶏と秋野坊の3つを結びつける手がかりが書かれていました。簡単にまとめると、以下のようになります。

----------

602年に百済の僧、観勒が日本に来たました。

その時、風水に関する書物を朝廷に献上したそうです。

そして、聖徳太子は斑鳩宮で、玉陳(タマフル)、大友村主高聡(オオトモノスグリコウソウ)、山背臣日立(ヤマシロノオミヒタテ)等に、これらの書を学ばせました。

この聖徳太子御伝来の家相法(風水)は、江戸時代まで、奈良の斑鳩舎で伝承されていたそうです。(日本の風土や風習に適応するように進化していたと考えられます。)

東鶏は、奈良の斑鳩舎で神祗の職をする一方で、聖徳太子御伝来の家相法を継承しました。

また、彼は、斑鳩舎で働く傍ら、「摂南荒陵の公文館」で師範代の職を勤めていました。

その頃、浪花に住み、家相法を弟子に教えたり、家相鑑定をしていたようです。

彼が発行した家相書には、「秋野坊の門下」だったという記述もあります。

秋野坊とは、「荒陵山四天王寺」の西門の北にあり、「公文所三綱職」と称して、代々、山を守っていた秋野家のことです。

秋野家の先祖は、聖徳太子の近臣だった小野妹子だとされています。

東鶏は、聖徳太子と関連が深く、権威の高い組織で、家相法を継承した人物だったのです。

[参考文献]松浦東鶏『家相図解』(寛政十年)、松浦東鶏『家相図説大全』(享和元年)、松浦東鶏『匠家故実録』(享和三年)、『摂州名所図会』(寛政年間)。

----------

日本における家相の発展については、まだ、解明されていないことが多くあります。

しかし、日本を代表する家相流派の開祖が属していた組織で記された巻物は、とても価値が高いと言えます。

また、その巻物に「聖徳太子御伝来」の記述があることや、「東鶏」の印があることも見過ごすことができません。


秘匿性について


江戸時代の家相流派は、口授または手書きの奥義書によって家相法を継承していました。

木版刷で発行された家相書と違い、『風水玄機録』のような肉筆の奥義書は、優秀な門下の者だけが読むことができた貴重な史料であると言えます。

江戸時代の家相家たちにとって、権威の高い組織の者が書いた巻物は、特に貴重なものだったに違いありません。

喉から手が出る程、欲しかったはずです。

当時は、いくらお金をつぎ込んでも、秘匿性の高い門外不出の巻物を入手することはできなかったことでしょう。

また、明治時代に、江戸時代の家相法を徹底的に研究した、日本における現代風水流派の開祖たちでさえ、この直筆の巻物を手に入れることは難しかったといえます。

現代の風水界の大御所たちは、『風水玄機録』の存在すら知らないかもしれません。

この貴重な極秘情報を、私は、宗家に無許可でヤフオクに出品しているのです。

この巻物の価値は、限られた者しか読むことができなかったという「秘匿性」だと思います。

私は、この巻物を読み終えた時、

「風水界の重鎮ですら知らない奥義を、俺は知ってしまった!」

という優越感に浸り、そして絶対的な自信を獲得することができました。

「でも、大昔の奥義なんて役に立つの?」

と、あなたは疑念を抱いているかもしれません。

そこで、次の項では、巻物に記された奥義を少しだけ公開します。


奥義の内容について


私が複写することができた巻物には、西、北西、北、北東の方位についての家相奥義が記されています。

具体的に提示した方がわかりやすいので、『風水玄機録』に書かれた「金龍が上昇する北西の奥義」について簡単に説明します。

----------

秋野坊の家相法では、北西の方位が張り出た宅地や建物は「金龍が角を振り立てて昇る形」なので、吉相であると判断します。

少し専門的な話になるのですが、「北西張り」の家は、「乾の金気の上に兌の金気が重なる」と考えます。

これを卦象(八卦の記号)で表すと、龍が天に昇っているような図になるので、「金龍が昇る」と解釈するのです。

『風水玄機録』では、さらに、金龍が下る話についても言及されています。

宅地と建物の両方が、張り出すのは良くないと書かれているのです。

なぜなら、龍が天に昇りつめたら、あとは、下るしかないからです。

つまり、宅地と建物の両方が張り出して、金龍の勢いが強くなりすぎてしまうこと危惧しているのです。

----------

『風水玄機録』には、鬼門についても興味深い話が書かれています。

たとえば、以下のような鬼門除けの方法が記されています。

・鬼瓦や鬼面石を設置する方法。

・垣根で境界線の形成する方法。

・土金兼備の玉を納める方法。

・坤の方位の形で凶気を消す方法

また、この巻物は、図を用いて解説されているので、わかりやすいと思います。

ちなみに、以下の図は、変則的な「鬼門張り」の例として描かれたものです。

本来、「鬼門張り」の建物は病に侵される凶相とされていますが、図のような張り出し方の場合、東の方位の「薬」が作用するので、病が消えると論じられています。

商品画像(3):鬼門と東の方位に張り出した家の例



違法性について


この出品物を、私は無断で複写しました。

挑発的なことを書いてしまいましたが、違法ではありません。

この複写物を入手したあなたが法律で裁かれる危険はありませんのでご安心ください。

あなたの興味を引くために、過激な話を書いてしまったことをお詫びします。

しかし、私は、ウソを書いたわけではありません。

誰の許可を得ずに複写したのは本当です。

ただし、人の家に忍び込んで、無断で写真を撮影したわけではありません。

複写の許可を得る必要がなかったのです。

なぜなら、私が『風水玄機録』を所有しているからです。

古い巻物なので、著作権は存在しません。

つまり、この巻物の複写物を販売することは、違法ではありません。

奥義の秘匿性を重視する風水業界の重鎮たちは、私の行動を非難するかもしれませんが・・・


商品内容


商品:巻物『風水玄機録』の複写物

サイズ:A4(少し拡大して印刷しています。)

枚数:14枚

印刷形式:最高級印画紙プロ仕上げ(カラープリント)

内容:西、北西、北、北東の4方位についての家相奥義が記されています。また、巻物には6枚の図が掲載されています。

※発送方法は、日本郵便のレターパック(360円)になります。


現代語訳を同封します


あなたは、巻物に書かれた古い文章を解読できるか、不安に思っているかもしれません。

でも、安心してください。

私が作成した現代語訳(意訳)を同封します。

まず、あなた自身で解読を試してみて、その後、私が作成した意訳と比較するのが良いと思います。

付録:『風水玄機録(活字版)』と『風水玄機録(現代語訳)』



追伸:

私は、建築研究所の代表を務め、江戸時代の家相について調査しています。

当研究所では、『風水玄機録』の他にも、「土御門殿御免」の肉筆本や神谷古暦の家相書(写本)など、国立国会図書館にも所蔵されていない貴重資料を、複数所蔵しています。

また、これらの史料の複製物を、限られた専門家の方のために販売しています。

今回、ヤフオクに貴重な巻物の複写物を出品しようと思ったのは、私の研究所の存在をまだ知らない人にも、役立つ情報を提供できたらと考えたからです。

もし、入札されないようなら、ヤフオクからすぐに撤退する予定です。

ですから、興味がある方はなるべくお早めにご入札ください。

この商品は「オークション形式」ではなく、「即決価格」が設定されていますので、すぐに入手することが可能です。

(佐々木学建築研究所)


>>詳しい情報はこちら

スポンサーサイト

FC2 Blog Rankingへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック